自動車は主要な交通手段であり、自動車室内で過ごす時間が長時間におよぶ場合もあります。自動車室内の空気質を良質に保つことは、乗車している人の健康面・快適性の観点から重要です。車室内のにおいの評価ラボラトリーでは、空気質の良し悪しを左右する因子の一つとして「におい」に着目し、自動車室内の「におい」の測定方法を検討した上で、新車および使用中の乗用車の使用状況による臭気特性の違いを明らかにしたいと考えています。

自動車室内のにおいは、新車時の特有のにおい、車室内で行う飲食、喫煙等の行為から発生するにおい、運搬する荷物から発生するにおい、同乗するペットのにおい、車外から進入するにおいなどがあり、使用状況等によって主要なにおい成分が異なるものと考えられます。

車室内のにおいの評価ラボラトリーでは、自動車室内の快適なにおい環境を実現するために必要なデータであるにおいの発生源と主要な原因物質の解明を目指しています。

ページの先頭へ

MENU