都市交通計画ラボは、本学工学部建築学科土木・環境専攻の都市交通計画研究室が行政機関ならびに民間機関と連携して、都市・地域計画ならびに交通計画に関する諸問題を解決するための企画立案、実態調査・分析、施策評価、提言を、委員会・協議会活動ならびに助成研究、受託研究により行っています。

過去の主な実績

  • 1. 名古屋臨海東部再編調査:都市基盤整備公団土地有効利用事業本部(2001~2003)
  • 2. 公営・若者住宅建設基本構想策定業務:三重県美杉村(2002~2003)
  • 3. 関・岐阜間LRT導入必要性調査:関商工会議所(2007~2008)
  • 4. 生活空間における安全性確保に関する基礎的研究:豊田都市交通研究所(2006~2010)
  • 5. 名古屋市上下水道局用地の有効活用に向けた提言:名古屋市(2010)

現在のテーマ

  • 1. 都市計画マスタープラン策定アドバイス:愛知県各市町村(2007~)
  • 2. 道路交通事故対策アドバイス:国土交通省三重河川国道事務所(2002~)、愛知県教育委員会(2013~)
  • 3. 面的速度抑制(ゾーン30)対策箇所の選定方法に関する研究:岡山大学、豊田都市交通研究所(2013~)

ページの先頭へ

MENU