学生生活

保険の紹介

学生生活

学生教育研究災害傷害保険(全員加入)

学生教育研究災害傷害保険(通称:学研災)は、大学で学ぶ学生が被る様々な教育研究活動中の災害に対する災害補償制度です。
本学では、円滑な教育研究活動実施のため、不慮の事故に備え、入学者全員が加入します。
教育研究活動中に生じた急激かつ偶然な外来の事故によって身体に被害を被った場合に保険金が支払われます。
万一、障害を被ったときは、保健室に事故報告(事故発生日から30日以内)をし、所定の手続きを行ってください。

(1) 担保対象となる事故の範囲
  1. 正課中
  2. 学校行事中
  3. 正課、学校行事中以外でキャンパス内にいる間
  4. 課外活動中(学校施設外で大学に届け出た課外活動を行っている間)
  5. 通学中
  6. 学校施設等相互間の移動
(2) 保険金が支払われない場合

故意、闘争行為、犯罪行為、疾病、無資格運転・酒酔い運転、地震、噴火、放射能・放射線による障害、施設外の課外活動で危険なスポーツを行っている間の事故、飲酒による急性アルコール中毒症。

保険金の種類と金額

担保範囲 死亡保険金 後遺障害保険金 医療保険金 入院加算金
(180日を限度)
正課を受けている間
学校行事に参加している間
2,000万円 90万円~3,000万円 治療日数1日以上が対象
3千円~30万円
1日につき
4千円
上記以外で学校施設内にいる間 1,000万円 45万円~1,500万円 治療日数14日以上が対象
3万円~30万円
学校施設外で大学に届け出た課外活動を行っている間
通学中 治療日数4日以上が対象
6千円~30万円

インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険

本保険は、正課、学校行事、課外活動として認められたインターンシップ中、介護体験活動中、教育実習中、ボランティア活動中及びその活動を行うための往復途中に、学生の被る賠償責任事故に対する被害救済の措置として検討してきた賠償責任保険制度であり、日本国際教育支援協会が保険契約者となり、国内の損害保険会社との間で一括契約実施されているものです。
インターンシップ・介護体験活動・教育実習に参加する学生は、加入することになっています。 インターンシップについての詳細はキャリアセンターに、介護体験活動・教育実習についての詳細は教務室に問い合わせてください。

学生総合補償制度について

近年、学生生活の生活様式も多様化し、それに伴う事故も多岐にわたっています。そのため本学では、学研災では補償されない傷害に対して、学生安全対策の一環として学生総合補償制度を案内しています。
この制度は、傷害はもちろんのこと第三者に怪我をさせてしまったときの賠償責任など、さまざまな事故を24時間カバーできます。任意加入ですが学生生活をより安心して過ごすためにはお勧めの補償制度です。
なお、加入者で傷害などが発生した場合は、早急に保健室に報告ください。

学生生活

ページの先頭へ

MENU