• TOP
  • 学生生活
  • 海外留学・研修制度
  • 学部生向け海外留学・研修

学生生活

学部生向け海外留学・研修

学生生活

海外留学

海外の大学あるいは研究機関で、学修あるいは研究を希望する学生に対し、海外留学制度を設けています。
大同大学では最低1年間の海外での学修・研究を「海外留学」として、行き先の選定や経済面でのサポートをしています。

1. 趣旨

海外留学を希望する学部生に対し、外国の大学において学修する機会を提供することを目的として、学生の国際感覚の育成と飛躍的な視野の拡大を図る。

2. 内容

(1) 留学内容 語学研修と学部聴講
(2) 期間 6ヶ月~12ヶ月程度
(3) 出発時期 当該年度4月~9月
(4) 行先 派遣学生を決定後、留学斡旋会社とカウンセリングを実施した上で決定。
(5) 採用人数 原則1名以内
(6) 援助額 生活費及び航空運賃を合わせ 最大100万円まで(詳細はこちら
(7) 保険 本人負担にて、海外旅行保険に加入。
(8) 授業料 研修先の研修費用等は本人負担とする。
(9) 宿泊 語学研修施設の宿泊施設等を利用。(費用は本人負担)

3. 応募条件

  1. 入学から申込年度前期までに履修した科目の単位取得率が80%以上であること。
  2. 希望する行先の使用言語の検定試験(大同大学が認める試験)での基準をクリアしていること。(詳しくはこちら

※希望する行先から別途条件が課せられる場合があります。

4. 応募方法

  1. 希望学生は、学生室にて「学生海外聴講留学援助申込書」「学生海外聴講留学援助推薦書」を受取り、必要事項を記入の上、期限内に学生室へ提出すること。
    • ※ 「学生海外聴講留学援助推薦書」は、指導教員に推薦理由を記入してもらうこと。
    • ※ 既に語学検定試験等の基準をクリアしている場合は合格通知等の写しを「学生海外聴講留学援助申込書」の裏面に添付すること。
  2. 募集期間終了後、応募者に面談を実施し、採用学生を決定する。

5. その他

  • 採用学生は留学期間中の休学手続を別途忘れずにすること。
  • 休学により卒業時期が延期となるため、事前に卒業予定期を確認すること。
  • 現地大学での聴講には留学中に一定の条件をクリアする必要があります。
  • 留学終了後は、留学報告書を提出すること。

6. 募集期間

毎年11月~12月中旬 
※具体的な期日については掲示板でお知らせします。

海外研修

海外の大学あるいは語学学校で、視察及び語学研修を行うことを希望する学生に対し、海外研修制度を設けています。
大同大学では6ヶ月未満の海外での視察・研修を「海外研修」として、行き先の選定や経済面でのサポートをしています。

1. 趣旨

学生の語学力向上を目指し、今後の海外への足がかりとする機会を学生に与えることを目的とする。

2. 内容

(1) 研修内容 語学研修
(2) 研修期間 20週以上~25週以内
(3) 研修出発時期 当該年度4月~10月
(4) 研修先 派遣学生を決定後、留学斡旋会社とカウンセリングを実施した上で決定。
(5) 採用人数 原則1名以内
(6) 援助額 生活費及び航空運賃を合わせ 最大50万円まで(詳細はこちら
(7) 保険 本人負担にて、海外旅行保険に加入。
(8) 授業料 研修先の研修費用等は本人負担とする。
(9) 宿泊 語学研修施設の宿泊施設等を利用。(費用は本人負担)

3. 応募条件

  1. 研修希望先の使用言語の検定試験(大同大学が認める試験)の基準をクリアしていること。(詳しくはこちら
  2. 入学から申込年度前期までに履修した科目の単位取得率が80%以上であること。

4. 応募方法

  1. 希望学生は、学生室にて「学生海外語学研修援助申込書」「学生海外語学研修援助推薦書」を受取り、必要事項を記入の上、期限内に学生室へ提出すること。
    • ※ 「学生海外語学研修援助推薦書」には、指導教員に推薦理由を記入してもらうこと。
    • ※ 既に語学検定試験の基準をクリアしている場合は合格通知等の写しを「学生海外語学研修援助申込書」の裏面に添付すること。
  2. 募集期間終了後、応募者に面談を実施し、採用学生を決定する。

5. その他

  • 採用学生は研修期間中の休学手続を別途忘れずにすること。
  • 休学により卒業時期が延期となるため、事前に卒業予定期を確認すること。
  • 研修終了後は、研修報告書を提出すること。

6. 募集期間

毎年11月~12月中旬 
※具体的な期日については掲示板でお知らせします。

学生生活

ページの先頭へ

MENU