学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

工学研究科 修士課程都市環境デザイン学専攻

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

持続的発展が可能な「環境」創出に向けて、理想的な社会基盤や住環境を追究する人材を養成しています。


都市環境デザイン学専攻
専攻長 嶋田喜昭

持続的発展が可能な「環境」の創出のために、都市施設や住環境はどのようにあるべきか、明確な思想と知恵をもって決定できる人材を養成しています。「土木・環境コース」では、都市施設の問題等の解決に必要なさまざまな学問を横断的に再編して教育・研究に取り組みます。また、「かおりデザインコース」では、かおりに特化して快適な住環境創造についての研究を行っています。とくに本専攻は「環境問題」に強いことが特色の一つで、土木系の学問に「かおり」の学問が融合し、社会のさまざまな公害の対策改善を通して、社会に貢献しています。

information

道路、鉄道、空港、港湾といった交通施設、自然災害から都市を守る護岸や堤防などの防災施設、毎日の生活に欠かせない上下水道や電力・ガス・通信といったライフライン施設などの社会基盤を整備するための学問は、「土木工学」、「都市環境工学」として発展し、人々に安全で快適な暮らしを保障してきました。1990年代のバブル経済崩壊後、社会基盤整備に対する社会の要請は厳しくなって多様化しています。戦後建設されて寿命が近づいている多くの社会基盤諸施設を適切に維持管理して再生させること、集中豪雨や地震等の自然災害による被害を軽減すること、都市活動や人々の生活に起因する環境問題を解決し、より快適な環境を創造すること、急速な情報化、国際化、少子高齢化等の社会経済情勢の変化に十分対応できるようにするための都市の再生を図ること等の問題があります。
都市環境デザイン学専攻は、土木・環境コースとかおりデザインコースの2コースを設けており、より高いレベルで、上記のような課題に対処できる問題解決能力を養成するためのカリキュラムが編成されています。

土木・環境コース 社会基盤デザイン系

社会基盤デザイン系では、第1に、構造工学の基礎学力の充実・高度化を目標に、各種構造物の力学的挙動の解明や設計法の教育・研究を行います。次に、地盤工学・材料学・地下水工学などの工学理論や施工技術を地盤改良工法や地盤環境対策に適用するための教育・研究を行います。

土木・環境コース 都市環境システム系

都市環境システム系では、第1に、河川、水文・水資源、環境リスクに関する知識を高め、より良い水環境を創造するための調査方法、評価方法、施工方法等について教育・研究します。さらに、都市・地域計画、交通計画の知識を高めつつ、地域の行政機関・住民・企業と協働し、都市問題、交通問題に関する多面的な教育・研究を実施します。

かおりデザインコース

におい・かおりの測定・評価法、におい・かおりの成分分析法、不快なにおい除去法、かおりの心身への影響などについて教育・研究を行います。

担当教員

社会基盤デザイン系

担当教員 職名 学位 研究課題
大東 憲二 教授 博士
(工学)
  • 広域地盤沈下防止と地下水管理
  • 地盤・地下水汚染の調査・予測・浄化対策
  • 地盤環境情報の適正な管理と運用
棚橋 秀行 教授 博士
(工学)
  • 鉱物油による地盤汚染の原位置浄化技術開発
  • 室内模擬実験による浄化メカニズムの物理化学的評価
木全 博聖 講師 博士
(工学)
  • コンクリート中の物質移動と体積変化
  • 鉄筋コンクリート構造物の非破壊検査

都市環境システム系

担当教員 職名 学位 研究課題
酒井 陽一 教授 理学博士
  • メスバウアー分光分析を主な手法とする環境中の元素の化学的挙動の評価
嶋田 喜昭 教授 博士
(工学)
  • 交通施策評価システム
  • 都市施設整備の環境評価
  • 交通心理を応用した道路交通対策
堀内 将人 教授 博士
(工学)
  • 水-大気-土壌系での有害物質の動態解析
  • 下水汚泥の有効利用
  • 有害物質の健康リスク評価
鷲見 哲也 准教授 博士
(工学)
  • 河川と流域の管理手法
  • 治水安全度評価・被害軽減
  • 地下水・河川水交換
  • 河道内植生管理
  • 湧水等水循環機構
樋口 恵一 講師 博士(工学)
  • 持続可能な都市運営に向けたマネジメント手法
  • 移動空間・サービスの評価と対策
  • 安全・安心なまちの評価と方法論

かおりデザインコース

担当教員 職名 学位 研究課題
光田 恵 教授 博士
(学術)
  • 生活環境におけるにおい・かおりの評価に関する研究
  • 生活環境におけるにおいの制御に関する研究
  • におい・かおりの心理生理影響に関する研究
棚村 壽三 准教授 博士
(工学)
  • においの成分分析法の開発
  • 生活環境のにおいの数値化

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU