教養部のスタッフ

教養部には、数学教室、物理学教室、化学教室、保健体育教室、外国語教室、人文社会教室、教職教室があり、それぞれ2~5名の専任教員が在籍しています。

人文社会教室

服部文彦 教授Hattori,Fumihiko

学部・学科名 教養部人文社会教室
職名・学位 教授・国際学修士
学歴 東京外国語大学大学院地域研究研究科地域研究専攻修士課程
所属学会・協会 イタリア学会、地中海学会、ルネサンス研究会
研究テーマ ルネサンス思想史
研究の概要 マキァヴェッリ
社会的活動  

柳原克行 教授Yanagihara,Katsuyuki

学部・学科名 教養部人文社会教室
職名・学位 教授・博士(法学)
学歴 立命館大学大学院法学研究科博士課程
所属学会・協会 日本カナダ学会、日本政治学会
研究テーマ カナダにおける政党政治の構造
研究の概要 地域的特質と政党政治の歴史的展開の影響を受けながら今日にいたっているカナダの連邦システムの構造を比較政治学的に分析している。
社会的活動  

松木孝文 准教授MatsugiTAKAFUMI

学部・学科名 教養部人文社会教室
職名・学位 准教授・博士(社会学)
学歴 松山大学経済学部卒/愛媛大学法文学研究科修士課程修了(経済学修士)/名古屋大学環境学研究科博士後期課程単位取得満期退学(社会学博士)
所属学会・協会 日中社会学会、日本社会学会、地域社会学会、東海社会学会、名古屋大学社会学会
研究テーマ 地域産業の再編成、被災地の産業復興等に関する学際的研究
研究の概要 地場産業について学際的な視点から継続的な調査研究を行っています。東海地域は言うまでもなく”ものづくり”で知られる地域ですが、その旺盛な活力は多種多様な地場産業の集積によって支えられています。また、古くから存在した地場産地において引き起こされたイノベーションがどのような要因に支えられたのか、ということについては特に強い関心を抱いています。抽象度を上げればそのメカニズムを一般化することができますが、あえてフィールドワークから得られた知見を強調するならば、説明放棄ながら”ケースバイケース”というのが正直な感想です(十分にデータが蓄積できれば、類型化を試みたいと思いますが)。ただし、フィールドのデータから、”耐久力””我慢強さ””無駄の許容”などといった、ある意味意外な要素の重要性が共通項として読み取れるのは面白いと考えています。産業研究の他には、外国人技能実習生調査、中国宗教調査、県史・市史等の編纂などを手掛けています。
社会的活動 愛知県史編さん委員会特別調査委員
先生から一言 担当講義科目は経済学・統計学です。ただ、謙遜ではなく”経済学の専門家”あるいは”統計学の専門家”と自称するのは憚られます。修士号までは経済学ですが博士号は社会学で取得しており、地域社会調査から得られたデータを分析し、説明するためのツールとして経済学・統計学をどう活用するかという点に関心があります。 大同大学は、地域的に名古屋のものづくりの中枢とも言える地域に立地しているだけではなく、その系譜は東海地域の産業史と非常に密接につながっています。2013年度より大同大学に赴任することとなりましたが、研究の上でも”大同大学だからこそできる”ことを探していきたいと考えています。

物理学教室

原科浩 教授Harashina,Hiroshi

学部・学科名 教養部物理学教室
職名・学位 教授・博士(理学)
学歴 名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程物理学専攻
所属学会・協会 日本物理学会、日本中性子科学会
研究テーマ 強相関電子系およびスピン系の物性研究
研究の概要 電子間斥力が重要な役割をもつ強相関電子系では、磁性と伝導とが絡み合う新しい現象が発現する。銅酸化物の高温超伝導は、その最も目覚しい例であった。さらに新しい物性現象の開拓と、その理解を目指している。
社会的活動  

今井健二 教授Imai,Kenji

学部・学科名 教養部物理学教室
職名・学位 教授・理学博士
学歴 名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程物理学専攻
所属学会・協会 日本物理学会
研究テーマ ソリトン系の数理
研究の概要 ソリトンは、粒子のようにふるまう孤立波であり、非線形性によって生じる秩序構造の代表的概念の一つである。本研究では、微分方程式の対称性という立場から、ソリトン系の数理的構造を解明する。
社会的活動  

齋田浩見 准教授Saida,Hiromi

学部・学科名 教養部物理学教室
職名・学位 准教授・博士(人間・環境学)
学歴 京都大学大学院人間・環境学研究科
所属学会・協会 理論天文学懇談会、日本物理学会
研究テーマ
  • (1) ブラックホール
  • (2) 曲がった時空上の場の量子論
  • (3) 一般相対性理論
  • (4) 重力
  • (5) 宇宙論
研究の概要 ブラックホールは、一般相対理論的には、物質を吸い込む一方で、一度ブラックホールの中に入った物質は決して外には出られない。 しかし、量子論的に考えるとブラックホールが何らかの粒子を外に放出することが分かる。このようなブラックホールの量子論的性質を研究している。
社会的活動 IAESTE Japan 正会員

保健体育教室

山田雄太 准教授Yamada Yuta

学部・学科名 教養部保健体育教室
職名・学位 准教授・学術修士
学歴 日本体育大学卒、東京大学大学院広域科学専攻生命環境科学系満期退学
所属学会・協会 日本体育学会、日本体力医学会、日本バレーボール学会所属 日本バレーボール協会
研究テーマ バレーボールにおける視覚刺激からの応答
研究の概要 映像刺激呈示・反応時間測定装置の開発、バレーボールのブロック反応、動作時間の測定、バレーボールのブロック時におけるステップと移動時間およびブロックジャンプ時の移動距離の関係など。
社会的活動 日本バレーボール協会強化事業本部 愛知県バレーボール協会理事

伊藤僚 准教授Ito,Ryo

学歴 中京大学卒、中京大学大学院体育学研究科修士課程修了、日本福祉大学 助教/博士(体育学:中京大学)
担当される科目 健康科学演習A、ファースト・イヤー・セミナー
所属学会・協会 日本体力医学会、日本体育学会、日本生気象学会、日本アダプテッド体育・スポーツ学会
研究テーマ 降雨による身体冷却が運動中のヒトの体温・エネルギー代謝に及ぼす影響
研究の概要 寒冷環境下運動時の身体冷却は、エネルギー消費量の増加、筋出力の低下、血中乳酸濃度の上昇を引き起こし、運動パフォーマンスを低下させる可能性が報告されている。そのため、マラソンやサッカーなどの悪天候でも開催される屋外スポーツ活動においては降雨によって身体が冷却され、運動パフォーマンスの低下や活動時の安全性に影響を与える可能性が考えられる。そこで、降雨環境が設定できる人工気象室を用いて、降雨が運動中のヒトの体温・エネルギー代謝に及ぼす影響を研究している。
社会的活動 元日本オリンピック委員会教科スタッフ(医・科学スタッフ)
先生から一言 大学は高校と異なり、自由度が増します。しかしながらそれと同時に自分の将来に対し、責任を背負う覚悟を決めなければならない時でもあります。逃げない覚悟、やりきる覚悟、楽しむ覚悟、様々な覚悟を持つ大同大学生に出会えることを楽しみにしています。

数学教室

上田英靖 教授Ueda,Hideharu

学部・学科名 教養部数学教室
職名・学位 教授・理学博士
学歴 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程数学専攻
所属学会・協会 日本数学会
研究テーマ 有理型函数についての補間問題および一意性についての研究
研究の概要
  • (1) 全有限平面上で非定数有理型函数の零-1-極集合が、ある意味で希薄であるということを適切な形で表現すること。
  • (2) 全有限平面上で非定数有理型函数の集合に対しての値分布論的な一意性の規範を与えること。
社会的活動  

成田淳一郎 教授Narita,Junichiro

学部・学科名 教養部数学教室
職名・学位 教授・博士(理学)
学歴 京都大学大学院理学研究科博士課程
所属学会・協会 日本数学会
研究テーマ 正則関数の作る関数空間、関数環の研究
研究の概要 平面領域およびリーマン面上の有界正則関数の作るハーディー空間に対する補間点列およびコロナ問題、またリーマン面の場合には点分離、弱点分離の問題。
社会的活動  

二村俊英 准教授Futamura,Toshihide

学部・学科名 教養部数学教室
職名・学位 准教授・博士(理学)
学歴 広島大学大学院理学研究科博士課程後期
所属学会・協会 日本数学会
研究テーマ 距離空間上のソボレフ関数、単調関数の境界挙動
研究の概要 解析学(ポテンシャル論)
社会的活動  

上野康平 准教授Ueno,Kohei

学部・学科名 教養部数学教室
職名・学位 准教授・博士(人間・環境学)
学歴 静岡大学卒/京都大学大学院博士課程修了
担当される科目 FYS、微分積分1、線形代数1、線形代数2、応用解析4
所属学会・協会 日本数学会
研究テーマ 複素力学系
研究の概要 複素解析などを用いて、複素多様体からそれ自身への正則写像の反復合成が生み出す「力学系」を調べる。
社会的活動  

田中清喜 講師Tanaka,Kiyoki

学部・学科名 教養部数学教室
学歴 大阪市立大学大学院理学研究科数物系専攻後期博士課程修了
担当される科目 FYS、線形代数1、解析学1、線形代数2、解析学2、微分積分2
所属学会・協会 日本数学会
研究テーマ ポテンシャル論、関数空間論
研究の概要 可積分な調和関数全体などといった再生核を持つ関数空間の構造解析及び境界挙動の解析

化学教室

酒井陽一 教授Sakai,Yoichi

学部・学科名 教養部化学教室
職名・学位 教授・理学博士
学歴 東京教育大学大学院理学研究科修士課程化学専攻
所属学会・協会 日本化学会、日本分析化学会、日本アイソトープ協会、日本原子力学会、日本放射化学会
研究テーマ 放射化学的手法を用いた物質科学の研究
研究の概要 メスバウアー分光法、中性子放射化分析法などを用いて、種々の物質のキャラクタリゼーションを行う。また新しい手法の開発にも努めている。
社会的活動 日本放射化学会理事、インターネット管理運営委員長

高山努 教授Takayama,Tsutomu

学部・学科名 教養部化学教室
職名・学位 教授・博士(理学)
学歴 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士課程前期
所属学会・協会 日本化学会、日本放射化学学会
研究テーマ  
研究の概要  
社会的活動  

教職教室

久田晴生 教授Hisada,Haruo

学歴 静岡大学卒
担当される科目 教職論、生徒進路指導論、特別活動研究、教育実習、教育実習指導、教職実践演習、ファースト・イヤー・セミナー
所属学会・協会 日本生活指導学会、日本教育方法学会、日本カリキュラム学会、大学教育学会
研究テーマ 集団活動の指導と評価
研究の概要 集団活動、討論を通して学生・生徒たちが主体的に参加する授業の方法および評価についての実践的研究
社会的活動 京都府城陽市における生物調査、保護活動

木場裕紀 講師Koba,Hiroki

学歴 東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻学校開発政策コース博士課程単位取得満期退学
担当される科目 教育原理、教育社会学、職業指導I・II、教育実習(合同)、教職実践演習(中等)(合同)
所属学会・協会 日本教育学会、日本教育行政学会、日本カリキュラム学会、日本教師教育学会、舞踊学会、World Dance Alliance
研究テーマ ガバナンス改革下におけるカリキュラム行政・カリキュラムマネジメントに関する包括的研究、学問としてのダンスの歴史的変容
研究の概要 近年の教育改革の中でカリキュラムをめぐる意思決定はどのような変容を遂げているのかについて研究しています。子どもたちの学びを実質的に保障するようなカリキュラム施策を考えていければと思っております。また芸術教育、特にダンス、身体表現に関心があります。
社会的活動  

外国語教室

平林健治 教授Hirabayashi,Kenji

学部・学科名 教養部外国語教室
職名・学位 教授・博士(学術)
学歴 名古屋大学大学院国際開発研究科博士後期課程修了(学術博士)
所属学会・協会 全国英語教育学会、大学英語教育学会 外国語教育メディア学会
研究テーマ 英語の自由英作文
研究の概要  
社会的活動  

梅田礼子 准教授Umeda,Reikoi

学部・学科名 教養部外国語教室
職名・学位 准教授・修士(文学)
学歴 神戸大学大学院文化学研究科文化構造専攻
所属学会・協会 日本言語学会、関西言語学会、大学英語教育学会
研究テーマ
  • (1) 英語・英文法教育
  • (2) 談話構造・文体論
研究の概要
  • (1) 言語学・英語学での知見を応用した、分かりやすい英文法教育
  • (2) 談話や物語の構造について
社会的活動  

小西章典 准教授Konishi,Akinori

学部・学科名 教養部外国語教室
職名・学位 准教授・文学修士
学歴 南山大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程
所属学会・協会 日本英文学会、日本シェイクスピア協会
研究テーマ 初期近代イングランド演劇、現代批評理論
研究の概要 初期近代イングランド演劇を歴史的な視点から考察
社会的活動  

松井豊次 教授Matsui,Toyotsugu

学部・学科名 教養部外国語教室
職名・学位 教授・文学修士・教育学修士
学歴 同志社大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程前期、テンプル大学ジャパン教育学英語教授法修士課程
所属学会・協会 日本ハーディー協会、日本ジョージ・エリオット協会、日本ブロンテ協会、日本英文学会、JALT全国語学教育学会、KELES関西英語教育学会、日本ヴィクトリア朝文化研究学会
研究テーマ
  • (1) ヴィクトリア朝中期から後期にかけての英文学研究
  • (2) 英語教育学(TESOL)研究
研究の概要
  • (1) トマス・ハーディの作品を中心として、ジョージ・エリオットやブロンテ姉妹等の作家・作品研究。特に小説に重点を置く。
  • (2) 第ニ言語習得(SLA)理論に基づく英語教授法の研究。特にリーディング指導法に重点を置く
社会的活動 ハーディ読書会運営委員

山内昇 教授Noboru,Yamauchi

学部・学科名 教養部外国語教室
学歴 名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程(後期課程)満期退学
所属学会・協会 日本英語学会、日本言語学会、英語語法文法学会
研究テーマ 英語学、意味論、語用論、英語語法文法

ページの先頭へ

MENU