学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

研究室紹介

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

朝倉研究室

災害時の混乱を減らすために、一時的なネットワーク技術が活躍

通信だけでなく、シミュレーションやバーチャルリアリティの技術も活用

基地局やWiFiといった通信インフラを使わずに、その場で端末同士が直接、接続して構成するアドホック・ネットワーク。対戦型ゲームなどで使われている通信技術だが、朝倉研究室では、その技術を巨大地震などの災害時や防災教育に活用する方法をさまざまな形で探っている。研究室メンバーのひとり、池谷さんは「アドホック自体も日進月歩で開発が進んでいる技術で、さらにバーチャルリアリティ(VR)やシミュレーションについても学ぶことができ、同じ課題を共有する仲間とも協力しながら研究できるのは大きな魅力です」と語る。

奥:池谷 友希さん
愛知県 名古屋市立工業高等学校 出身

これまでの知識を使いながら、新しいスキル習得にも取り組む

池谷さんの卒業研究では、災害時の屋外の状況をVRで視覚的に体感してもらうことを目的としている。そのために、まずは数値データをもとに3Dの道路地図を作り上げた。「実は、今回使っているプログラミング言語もソフトウェアも初体験。当初はエラーの続出で、うんざりしたこともありました。でも、使い慣れてきたら、一気にできあがっていく。結果がすぐに目に見えるのは楽しいですね」と試行錯誤しながらも成長している池谷さん。

仲間との議論を通じて、異なる視点を発見

池谷さんと同様の研究をしているメンバーはもう1人。他にはシミュレーションの研究をするメンバーが2人いる。「入力を担当する2人は、ゴーグルを装着している人に対して、安全な誘導のために必要な動作を促すにはどうするか、といったことを考えて研究しています。研究するうえでの目的地は同じでも、ルートが異なるというイメージですね。議論をすると、自分とは違う視点からの意見がもらえるので、助かっています」と池谷さんは言う。

朝倉研究室の中での取り組み手順。研究を進めるうえで、忘れてはならない視点だ。

さらに研究を深めていくため大学院に進み、最終ゴールを目指す

小学校や中学校の避難訓練にVRを使うことで、今までよりも実践的な教育をし、より安全・安心な避難方法を身につけてもらうのが最終的なゴール。池谷さんは大学院に進んでからも同じテーマで研究を続ける予定だ。

避難訓練は各所で行われていますが、現実ではその通りにいかないことも多々あります。しかし、VRを活用すれば、実体験に近い感覚で避難訓練ができる。通信技術は、こうしたことにも貢献できるのです。皆さんも、自分自身のために、一緒に取り組んでみませんか。

研究室一覧

朝倉研究室

教授朝倉 宏一博士(工学)
無線ネットワーク、クラウド・コンピューティング
研究テーマ
災害地情報共有システムに関する研究
災害地シミュレーションに関する研究
災害地での避難者行動シミュレーションに関する研究
アドホック・ネットワークに関する研究
コンピュータの低消費電力化に関する研究
GPGPUを用いた計算に関する研究
並列・分散処理に関する研究
時系列データの解析に関する研究
移動体位置情報の共有に関する研究

桑野研究室

教授桑野 茂博士(工学)
モバイルネットワーク、低遅延ネットワーク
研究テーマ
ネットワークを介したアクチュエータ制御・管理システム構築
IoTに向けた低遅延ネットワークの実現
ネットワークを介したリモート時刻同期
Linuxサーバを活用したプロジェクト管理システム
無線環境可視化のためのアプリケーション構築

佐藤研究室

教授佐藤 秀樹博士(工学)
無線データベース、情報検索
研究テーマ
スカイラインキューブ問合せの並列処理
複数の位置を起点とする空間情報の検索
集約関数を用いた複数キー類似画像検索
色と模様に基づく蝶画像の類似検索
神経回路網による画像のグループ化
蟻の捕食活動を模した画像のグループ化
類似騒音データのWeb検索システム
巡回セールスマン問題の解の単体法探索
CAによる雪の結晶パターンの生成

本田研究室

教授本田 隆司工学博士
無線ネットワーク仮想化、モノのインターネット
研究テーマ
オープンフローネットワーク仮想化システム
多数のラズベリーパイによる分散処理システム
低消費電力ブルートゥース端末位置探知技術
組込み用電子機器Arduinoにおける並列処理
XBee無線ネットワークを用いた環境情報収集実験
プル&プッシュ型リアルタイムWeb構築技術
ストリーミング通信の中継変換システムの構築
複数マーカ・複数カメラを用いた拡張現実感実験
ローカルWebシステムを用いた教育支援環境構築

柘植研究室

准教授柘植 覚博士(工学)
音声・音楽情報処理、情報検索
研究テーマ
音声認識の誤認識要因の分析・解明
ビット空間を用いた音声ドキュメント検索手法
マルチデバイスを用いた話者認識手法
要因分析による特定話者内変動に頑健な話者認識手法
話者内変動に頑健な音声認識手法
特定空間への射影によるマルチメディア情報検索手法
音声認識器使用のための訓練方法
感性による音楽検索手法
オーバーフロー音声に対する頑健な音声認識手法

横手研究室

准教授横手 裕治工学博士
回路設計、回路シミュレーション
研究テーマ
ハードウェア記述言語による非同期式シリアル通信送信回路の設計
ハードウェア記述言語による非同期式シリアル通信受信回路の設計
ハードウェア記述言語によるパルス発生器の設計
ハードウェア記述言語による正弦波発生器の設計
ハードウェア記述言語による4ビットモード液晶表示器制御回路の設計
ハードウェア記述言語による8ビットモード液晶表示器制御回路の設計
ハードウェア記述言語による2相ステッピングモータ制御回路の設計
ハードウェア記述言語による3相ステッピングモータ制御回路の設計
ハードウェア記述言語によるDCサーボモータ駆動回路の設計

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU