学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

4年間の学び方
− 学生が語る成長の軌跡 −

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

モノづくりに興味があれば、どんどん面白くなっていく。
知識が増えるだけでなく、スキルが身につく喜びも感じながら過ごした4年間。

1年次
基礎となる理系科目を中心に学ぶ中、
「機械製図」で新しい世界を知った。

数学、物理、化学など、理系科目に関する講義が多い中、初めて接した『基礎機械製図』にはワクワクしながら取り組みました。自分の手でドラフターや定規を使って設計図を描いていくのですが、回を重ねるごとに道具の使い方にも慣れ、方法論もわかっていくのが楽しかったことを覚えています。座学も、可能な限り履修して、基礎力を養いました。

2年次
一回でうまくいかなかった実習課題が
失敗しても諦めずにやり直す重要性を教えてくれた。

専門科目が増え、いよいよ機械工学科らしい勉強が始まったなと感じた2年次。創造製作センターで行う『機械製作実習2』では、自動車エンジンの分解・組立に取り組みました。分解し、組み立て、性能試験を行うのですが、なんとエンジンがかからなかった! 再度、原因を探りながら慎重に直した結果、うまくいきましたが、失敗しても諦めずに挑戦することの大切さを学びました。

3年次
設計の面白さ、奥の深さに気づくと同時に、
自分の未熟さも実感した『応用設計演習』。

油圧ジャッキを設計する『応用設計演習』では、これまでに学んだことを基本に、約半年かけて機能や加工方法、材料の物性まで考慮しながらさまざまな計算をし、既存部品からパーツを選択し、図面を完成させました。実際の設計士は、もっと短期間で仕上げることを思うと、すごいなという尊敬の念と、自分の未熟さの両方を感じることにもなりました。

4年次
これまでの学びの集大成である卒業研究と
これから必要になる資格取得に集中。

卒業研究と、機械設計技術者の資格取得に向けた勉強との二つに集中し、並行して進める日々。研究テーマは「点欠陥集合体を導入した高純度アルミニウム多結晶の転位チャンネルせん断変位の塑性ひずみ依存性」。長くて難しいタイトルですが、簡単に言えば金属の強化機構の一特性の解明と、得られた結果による実社会への提言です。

1・2年次は最大限の科目を履修し、自然に設計に興味を持つようになっていきました。高校で学んだ理系科目も基礎として大切にしつつ、大学で初めて触れる専門科目や実習・演習については、わからないことが理解できていく面白さや、道具や機械の扱い方が身についていくことを実感でき、成長に結びついたと思います。また入学早々に音楽研究部に入り、5月の大学祭でデビュー。勉強と部活を両立させていたことが時間管理のスキル養成になったようで、4年次の就職活動、卒業研究、資格取得の勉強もスムーズに進めることができました。新しいことに挑戦し、自主的に考え、動くことで充実した大学生活が送れると思います。

川崎 純平さん
機械工学科 4年 愛知県 江南高等学校 出身
就職先:株式会社スガテック

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU