学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

研究室紹介

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

川福研究室

自動車の快適性に関わる研究に3グループ8人がチームとなって挑戦。

次世代ステアリング技術を用いて、より快適なハンドル制御を探る

2人がハンドルの指令を考え、3人が車両の動きを解析し、また別の3人が制御性能の解析を行うことで、車両の振動を抑制する制御系の開発をめざす川福研究室。3グループ8人が一つのチームになって、車の快適性向上に向けた研究を行っている。メンバーの一人、石原さんは「僕は車酔いするので、このテーマは切実です」と言う。
次世代ステアリング技術といわれる、ハンドル操作をセンサーで感知し、アクチュエーターによってタイヤを動かすステアバイワイヤ技術を使い、試運転とアンケート調査によって、快適な乗り心地のハンドル制御の数値を探っている。

ハンドルとタイヤ駆動用モーターを同調させて、どのようなハンドル指令なら、車を快適に動かせるかを考えることがテーマ。そのために使用する模擬ステアリング。

自分たちのためだけでなく、研究テーマを受け継ぐ後輩のためにも

ハンドル制御に関わる家田さんは「電気自動車やシーケンス制御に興味があり、この研究室に。卒業研究ではハンドルを操作する人それぞれで運転の感じ方が違うため、アンケートという統計的な結果を提示することになりますが、このテーマを研究する後輩がいるかもしれないので、論文をまとめるだけでなく、濃い内容のデータや結果を残していきたいですね」と語る。

左から
石原 浩亜さん 愛知県 熱田高等学校 出身
家田 征幸さん 愛知県 愛知工業高等学校 出身

計測や解析も大変だが、時間管理や計画立ても難しい

実際、ジャイロセンサを用いた制御性能の解析を行うチームは、過去の卒業研究の結果を比較対象にし、前回とは異なる新しいセンサーを使った実験に取り組んでいる。条件を変えて実験を行い、その結果、どれほど改善されたかをみるというものだ。メンバーのひとりは「実験の手順はわかっていても、計測や解析をするのは大変です。また、何をいつまでに進めるかというスケジュールを立てるのも手探り状態。論文発表に間に合うか心配した時もありました」と振り返る。

これが、実験用ラジコンカー。ハンドル制御、車両の挙動や制御性能の解析などについて、このラジコンカーを使って実験を積み重ね、データを収集していく。やがては、乱暴な運転や雪道などでの危険な運転でも、クルマが安全に、快適に動いてくれる時代が来る。

テーマが違っても、みんな仲良し。楽しみながら研究を進められる

同じ研究室の仲間は、テーマが違っても、ふだんから仲良く、和気あいあいと過ごしている。週1回のチーム・ミーティング、月1回の進捗報告、学外での食事会など、集まる機会も多い。総勢11人のメンバーは、「川福先生のおかげで、楽しみながら研究できています」と声をそろえた。

学んだことを使いこなし、チームのメンバーが力を合わせること。この両方がつながって、安全性や快適性の実現に近づきます。研究に利用できる時間に余裕はありませんから、計画的・効率的に物事を進める必要があります。常に確認を怠らず、着実に、と指導しています。

研究室一覧

赤池研究室

教授赤池 宏之博士(工学)
超伝導デバイス、超伝導スピントロニクス
研究テーマ
超高感度超伝導電磁波検出器の研究
磁性体障壁を用いた超伝導接合の研究
低消費電力超伝導回路の研究

植田研究室

教授植田 俊明博士(工学)
再生可能エネルギー、雷サージ対策
研究テーマ
電力システムの雷サージ対策
風力発電システムの耐雷性能向上
低圧制御回路のEMC・サージ対策の研究

大澤研究室

教授大澤 文明博士(工学)
コンピュータ制御、新アクチュエータ開発
研究テーマ
柔軟不定形物体の認識・制御
多自由度アクチュエータの開発

髙木研究室

教授髙木 康夫博士(工学)
スマートエネルギー、大規模蓄電
研究テーマ
スマートハウス向けHEMSの研究
スマートビルのためのビルエネルギー管理の研究
未来の水素製造の研究
大規模な未来の蓄電システムの研究

橋本研究室

教授橋本 雄一博士(工学)
エコロジー、ナノ材料
研究テーマ
カーボンアロイ触媒の研究
液相合成法を用いた炭素系薄膜の作製
水クラスターを用いた工学的応用の研究
地表面への注入電流測定による地震予知の研究

堀尾研究室

教授堀尾 吉已工学博士
ナノテクノロジー、結晶表面物性
研究テーマ
プラズマCVDによる炭素薄膜形成
電界放射電子を用いた電子回折装置の開発
ZnS薄膜を用いた発光デバイスの製作
二酸化チタン薄膜の形成と光触媒活性評価

山田研究室

教授山田 靖博士(工学)
電気自動車、パワー半導体
研究テーマ
金属ナノ粒子を用いた高耐熱パワー半導体接合技術
パンプ構造を用いたパワー半導体接合技術
超高熱伝導材料のパワー半導体用放熱板への適応可能性
複合材料を用いたコンデンサのシュミレーション技術

加納研究室

准教授加納 善明博士(工学)
電気機械エネルギー変換、モータ設計と制御
研究テーマ
ハイブリッド自動車用次世代モータの設計と制御
同期モータの位置センサレス制御に関する研究
永久磁石同期モータのトルク制御精度向上に関する研究

川福研究室

准教授川福 基裕博士(工学)
振動制御、モーションコントロール
研究テーマ
無線駆動車両を用いた車両バネ上振動制御
情報記憶装置ヘッド位置決め機構における摩擦外乱の抑制
テーブル駆動装置を用いた高速周波数特性同定法の開発
位置制御と力制御の切替時間短縮に関する研究

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU