学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

学びの特色・カリキュラム

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

教育体制と特色

電気電子工学科の特色

本学科では、諸々の電気現象に注目し、その背景に潜む電子の振る舞いを物理学の考えを通して理解。こうした基礎的知識を基に、トランジスタや集積回路(LSI)のような電子デバイスの動作原理を理解したり、電子回路網に流れる電流や各部位の電圧を求められるようにします。また生活に必要な電気エネルギーを発生させ伝送するといった社会基盤を支える技術も学びます。電気電子システムを支える技術には電気エネルギー分野、コンピュータ制御分野、材料・デバイス分野があり、本学科ではこの3分野を中心に専門力の育成に努めています。

教育課程の概念図

教育課程の概念図

カリキュラム

1年次

1年次のカリキュラム

 は必須科目

数学・物理・化学などの基礎学力を強化。電気電子への関心を高める入門セミナーも受講します。

2年次

2年次のカリキュラム

 は必須科目

本格的な専門科目が始まります。電気電子工学実験では電気電子への理解を深めます。

3年次

3年次のカリキュラム

 は必須科目

将来の進路に合わせて選択科目を受講。電気電子セミナでは、就職や大学院進学に備えます。

4年次

4年次のカリキュラム

 は必須科目

卒業研究に集中。後期末の卒業研究発表会のプレゼンテーションが山場です。

科目PICK UP!

電気回路理論2

電気回路理論2電気回路理論2

電気回路は電気電子工学を学ぶ上で、きわめて重要な科目になります。『電気回路理論1』で学んだことを元に、交流の基礎について学びます。「交流」は、通信・情報・電力・電子工学などを学ぶために、欠かすことができない分野です。なお、講義だけでなく、試験・実験などの演習を行い、正確に理解ができているかどうかを確認していきます。

電気電子工学実験4

電気電子工学実験4電気電子工学実験4

電気電子工学のより専門的な実験を行います。実験テーマは「パワーエレクトロニクス」と「シーケンス制御」に大別されます。「パワーエレクトロニクス」では調光器の製作・実験、「シーケンス制御」では各種シーケンス回路の製作やシーケンサ(PLC)による負荷制御実験などを予定しています。また、実験は毎週レポートにまとめて提出します。

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU