学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

学びの特色・カリキュラム

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

教育体制と特色

建築学科 土木・環境専攻の特色

本専攻は、将来の人間社会にとって望ましい社会基盤施設を整備するだけでなく、多様化する環境問題の解決に資する都市環境のあり方という視点を、土木工学に付加した専攻として生まれました。社会基盤施設を整備するとき、人々の利便性や効率性を優先した開発と環境問題が対立することは忘れてはいけないことです。だからこそ本専攻では、土木工学に基づいた知識・技術と、環境問題の解決に貢献できる能力を有し、社会・組織・団体の一構成員として責任をもって自分の役割を果たすことができる技術者の育成をめざしています。

教育課程の概念図

教育課程の概念図

カリキュラム

1年次

1年次のカリキュラム

 は必須科目

数学、物理、化学などの基礎を学び、土木環境の入門的知識や都市環境全般について学びます。

2年次

2年次のカリキュラム

 は必須科目

土木・環境のより専門的知識や技術を、本格的に学びます。測量実習ではキャンパス平面図を作成します。

3年次

3年次のカリキュラム

 は必須科目

卒業後の進路を意識して履修科目を選択。社会基盤デザイン系と都市環境システム系に大別されます。

4年次

4年次のカリキュラム

 は必須科目

卒業研究に取り組みます。研究課題に対する真剣な姿勢は、人間力を高めることにつながります。

科目PICK UP!

都市環境プロジェクト

都市環境プロジェクト都市環境プロジェクト

『1000億円あったら、あなたはどんな社会基盤の整備をしますか?』 そんなテーマに対して、18チームに分かれてアイデアを競い合います。アイデアを出すためには、「どうしたら市民生活が快適・安全にできるか」を考えなければなりません。実際に現場に行ったり、市役所や工場に行ってインタビューをしたりするチームもあります。

VR基礎

VR基礎VR基礎

VRとは、バーチャルリアリティ。VR技術を使用して、三次元都市空間を作り、街づくりや景観検討等のシミュレーションを仮想的に行います。平面図や横断図などの二次元図面ではわかりにくい詳細も、VR技術を用いることにより、視覚的にわかりやすく表現ができるようになります。またさまざまな実験がVR上で可能になります。

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU