学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

研究室紹介

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

藤森研究室

実験や調査を積み重ね、結果を分析。卒業論文までのプロセス自体が大きな学びに。

太陽光が木材に及ぼす影響を調べ、最適な使用方法を提案したい

木質材料の長寿命化や木造建築物の補修、調査手法などについて研究を行う藤森研究室。現在、6人のメンバーがそれぞれ関心のあるテーマについて実験や調査、分析を行っている。林さんは「手を動かしてものを作るのも好きですが、卒業設計より卒業論文に取り組みたいと考え、研究室を選びました」と話す。屋上に部位の異なる杉板を並べ、太陽光による色の変化、水分量、質量の変化を観測している。2種類の板材と3指標の関係性を探るとともに、劣化や耐久性についても考察し、塗装時における注意を促し、最適な使用場所の提示につなげるのがねらいだ。

林 勇希さん 愛知県 尾西高等学校 出身

大学の屋上に杉板を並べ、色の変化、水分量、質量の変化を観測。

音が響く空間づくりやログハウス風の小屋を研究する学生も

音に関連して、浴室で歌うとうまく聞こえることをきっかけに、例えば教室のような空間をホールのような音環境にする方法を探る研究もある。その他、10平方メートル以内のDIYの小屋を、ログハウスのように木材を積み重ねて作ったときの、地震に対する強さについて実験し論文にまとめる学生もいる。

木造建築物に特有の白アリ被害
早期に、簡単に発見する方法は?

白アリの被害を簡単かつ早期に発見する方法について研究するのは加藤さん。「蟻害を調べるためには、専門業者に頼み、精密機械を用いて時間もお金もかかるというのが現状です。これをもっと簡易に、誰もができるようにするための研究に取り組んでいます」。具体的には、木材を打診棒で叩き、その音をICレコーダーで録音。それをパソコンに取り込み、音の周波数、音圧、振幅などの波形を解析し、数値化したものから、被害状況を読み解くという方法だ。実現すれば、打診棒とICレコーダーとパソコンを建物まで持参することで、その場で診断ができるようになる。

加藤 憲弥さん 愛知県 知多翔洋高等学校 出身

「蟻害を想定した木材」を、打診棒で叩いたときの音を録音し、音圧、周波数、波形などを解析するための簡易実験装置。

これまでしたことのない経験を通して自分自身の新しい一面を知る

一つのテーマにじっくりと取り組むことで、それまでに見えていなかった世界が見え、自分の新しい一面とも出会う。「社会人になったら当然の“やるべきことをしっかりとやる”。これができるようになった」「ある方法でダメだったら、次の手を考える。発想力がついてきたと思います」と言う二人。藤森研究室から巣立った後の成長も楽しみだ。

生活に密着した学問である建築を学ぶことで損をすることは何一つありません。さらに卒業研究では、特定の対象に向かって真剣に取り組むことで考える力が身につくだけでなく、1年間の経験そのものが、人生における大きな財産になることでしょう。

研究室一覧

宇野研究室

教授宇野 享
建築デザイン、実務研修
研究テーマ
街・建築の観察力、洞察力、考察力を習得
建築アイデアの構想力を高める
建築デザイン手法の研究

萩原研究室

教授萩原 伸幸博士(工学)
構造解析、模型実験
研究テーマ
木造住宅の縮小模型実験
振動模型を用いた建物の耐震性の検討
正八面体タワーの載荷実験

武藤研究室

教授武藤 隆芸術修士
美術館、国際芸術祭
研究テーマ
都心・地下街へのフットサル場の挿入
アーケード商店街に映画館を挿入する
火葬場を都心部に分散・点在させる

渡邊研究室

教授渡邊 慎一博士(工学)
断熱・遮断、冷暖房
研究テーマ
各種住宅における熱環境の実測調査
壁面緑化建物の実態調査および居住者の意識調査
都市空間における熱中症予防に関する研究

髙柳研究室

准教授髙柳 伸一博士(工学)
建築史、都市史
研究テーマ
西洋・日本・近代の建築史
都市史
スペイン帝国(16-17世紀)の軍事建築と都市

中島研究室

准教授中島 貴光博士(美術)
建築設計、建築計画
研究テーマ
既存家屋のリノベーションおよびインスタレーションの制作
グラフィックによる視覚効果を用いた空間モデルの提案
アーケード商店街の空間形態と景観に関する考察

藤森研究室

准教授藤森 繁博士(工学)
非破壊試験、木質構造
研究テーマ
非破壊的手法によるコンクリートの強度推定
シロアリ被害を受けた木材の早期発見手法
意匠、機能に優れた木材を用いた耐震壁の提案

船橋研究室

准教授船橋 仁奈芸術修士
建築設計、景観デザイン
研究テーマ
人々が共有できる価値観の発見、創出
人と人との関係が生み出す単位空間の考察、提案
国際交流を通じた建築空間の類似性の考察

岡本研究室

講師岡本 洋輔博士(学術)
照明、快適・健康
研究テーマ
目が疲れにくい照明光についての検討
作業効率を高める照明機器の開発
照明空間の快適性を心や体の反応から評価する研究

高橋研究室

講師高橋 之博士(工学)
耐震工学、鉄筋コンクリート
研究テーマ
鉄筋コンクリート造建物の耐震性能
鉄筋コンクリート造建物の耐震補強
建物が受けた地震被害の原因究明

米澤研究室

講師米澤 隆博士(工学)
建築設計、建築計画、建築企画
研究テーマ
人々の流動的な関係を生む空間性、空間構成に関する研究
これまでの歴史の中で生まれてきた空間性を現代へ応用する
新しい建築空間形式の開発

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU