学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

学びの特色・カリキュラム

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

教育体制と特色

建築学科 建築専攻の特色

本専攻の教育は、「教養力」と「専門力」の育成に分類されています。「教養力」とは、在学中はもとより、将来社会人として活躍するために必要な基礎力の鍛錬と人格を含めた自己形成を指し、「専門力」の育成では、以下内容の修得をめざします。

  • ①地震など自然界の脅威に対し、建築物の機能の保全と安全性の確保を満たす設計手法
  • ②建築物の品質・耐久性を満足させるための使い方や、建築物の効率的な作り方
  • ③建築設計に必要な知識体系
  • ④建築造形の基礎と建築の歴史やデザインの論理
  • ⑤建築環境工学諸分野の原理と建築設備の活用法
  • ⑥環境負荷の低減や、時間軸を考慮した付加価値の創出、建築文化の継承を行うための手法

教育課程の概念図

教育課程の概念図

カリキュラム

1年次

1年次のカリキュラム

 は必須科目

建築の基礎となる数学やデザインを学び、住宅の設計にチャレンジ。建築を学ぶ楽しさを体感します。

2年次

2年次のカリキュラム

 は必須科目

設計、構造、設備、材料から、製図やCADの専門科目を学び、建築技術の基礎力を育成します。

3年次

3年次のカリキュラム

 は必須科目

より高度で専門的な科目を学びます。3年次では自分の適性にふさわしい専門分野を確認します。

4年次

4年次のカリキュラム

 は必須科目

卒業研究に取り組みます。建築技法、法規、プレゼン能力などを磨き、実社会での活動に備えます。

科目PICK UP!

建築設計2

建築設計2建築設計2

小さな美術館や集合住宅など公共性のある建築物の設計に取り組みます。コンセプトのまとめ方、機能の把握の仕方、図面のまとめ方、表現のテクニックなど、具体的な技法を習得します。「正解」のない設計課題について、試行錯誤し、教員との対話を通じ、提案をまとめていくことで、各自が成長し、自信を深めていきます。

構造実験

構造実験構造実験

主に鉄骨構造に関わる実験を行います。模型を使った振動実験なども取り入れ、どのような地震が建物に影響するかを理解します。実際の構造は複雑ですが、大胆な仮定で、その動きを予測できることに学生たちは面白さを感じています。また他の学生との共同作業を通じて、成果を出す上で大切なことを学ぶことができます。

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU